次世代医療機器連携拠点整備等事業

ABOUT US

事務局メンバー

MEMBER事務局メンバー

荒川 義弘
荒川 義弘
薬学博士
筑波大学医学医療系教授、つくば臨床医学研究開発機構(T-CReDO)機構長、附属病院病院長補佐
Keyword : 橋渡し研究全般、創薬科学、神経科学、臨床薬学、臨床試験方法論

エーザイ株式会社創薬研究所(脳神経領域)主幹研究員、マックスプランク精神医学研究所客員研究員、東大医学部准教授・附属病院分院薬剤部長、東大病院臨床研究支援センター副センター長・病院教授を経て、2015年より現職。その間、東大のセンターやT-CReDOの立ち上げ、国立大学附属病院臨床研究推進会議等の立ち上げを行った。
T-CReDOでは、つくばから生まれた医療シーズの育成・開発を推進しています。PMDA科学委員会委員、厚労省薬事・食品衛生審議会医療機器・体外診断薬部会委員、同再生医療等製品・生物材料安全部会委員 等を歴任。

小栁 智義
小栁 智義
博士(理学)
筑波大学 医学医療系 教授
つくば臨床医学研究開発機構
Keyword : Business Development(ライセンス, 事業企画)、創薬スタートアップ、再生医療、医療情報、クリニカルバイオリソース、試薬、研究機器

スタンフォード大学医学部での博士研究員時代にベンチャー起業を通じた研究成果の事業化に接し、バイオビジネスでのキャリアを選択。帰国後は多国籍企業での営業/マーケティング、創薬、再生医療ベンチャーでの事業開発職を歴任。京都大学医学領域の産学連携業務に従事し、複数のスタートアップ、合弁企業組成に関わった後、2018年より現職。
医療イノベーションエコシステム構築のために大学を中心としたつくば地域、そして日本発のベンチャー育成に携わっている。京都大学病院クリニカルバイオリソースセンター研究員を兼務。大阪大学大学院卒。

町野 毅
町野 毅
博士(医学)
筑波大学 医学医療系 講師
つくば臨床医学研究開発機構
Keyword : 循環器、不整脈、再生医療、カテーテル、ウェアラブルデバイス、大動物実験、特定臨床研究、医師主導治験、産学連携

筑波大学医学専門学群卒業後、同附属病院で内科および循環器内科の研修を修了。不整脈に対するカテーテルアブレーション治療を専門とし、筑波大学大学院では臨床心臓電気生理学を専攻。2014年に博士課程を修了後、筑波大学医学医療系助教に着任。2016年からつくば臨床研究開発機構(T-CReDO)に所属し、2018年より現職。
橋渡し研究および臨床研究を推進し、ウェアラブル心電図、自動車メーカー等との医工連携研究開発コンソーシアム、心臓再生医療用カテーテルの開発等を手掛け、産学連携のための臨床現場見学実習や医療に特化したアントレプレナー育成プログラム(Research Studio)を提供しています。

野口 裕史
野口 裕史
医師 博士(医学)
筑波大学附属病院整形外科 病院講師
つくば臨床医学研究開発機構
Keyword : 整形外科一般、脊椎領域手術、人工骨、整形外科インプラント、薬事規制(医療機器)、バイオデザイン

筑波大学卒業。筑波大学附属病院初期研修プログラム、整形外科での後期研修プログラムを修了し、整形外科専門医を取得。専門領域である脊椎分野では、脊椎脊髄病学会指導医として日々の臨床診療にて研鑽を重ねる。
大学院での企業との共同研究(人工骨関連)、ならびに厚労省革新的医薬品等実用化促進事業の一環で医薬品医療機器総合機構へ出向し医療機器審査に数年間携わった経験から、医療機器の研究開発に関する様々な知見を活かし、2016年より現職にて橋渡し研究、臨床研究の出口戦略を支援する業務を行う。2019年 Stanford Biodesign Global faculty in training programより修了証を授与し、 Global facultyとして国内でのバイオデザイン活動にも精力的に参加している。

渡邉 真哉
渡邉 真哉
医師、博士(医学)
筑波大学附属病院 脳神経外科 病院講師
つくば臨床医学研究開発機構
Keyword : 脳神経外科専門医・指導医、定位放射線治療、脳腫瘍、がん治療認定医、元PMDA審査員、レギュラトリーサイエンス、臨床研究開発、PMDA専門委員

筑波大学医学専門学群卒業後、臨床医として、脳卒中、脳腫瘍、救急医療、リハビリテーション等の脳神経外科領域における薬物治療から手術、血管内治療等の幅広い診療を経験後、脳腫瘍に対する定位放射線治療に関する研究に従事し博士号取得。
審査員として3年間PMDAへ出向、新薬審査第五部に所属し幅広い抗悪性腫瘍薬の開発に承認審査の形で関与、また再生医療製品等審査部、医療機器審査第二部等に併任し幅広い製品の審査に関与。
2020年より現職、トランスレーショナルリサーチ、臨床研究の出口戦略をサポートする業務を行っている。また、大学発のシーズを元とした複数の医薬品及び再生医療製品の新規開発、スタートアッププロジェクトにも携わっている。現役PMDA専門委員。筑波大学大学院卒。

古屋 欽司
古屋 欽司
医師
筑波大学附属病院消化器外科 病院助教
つくば臨床医学研究開発機構
Keyword : 消化器外科手術、消化器癌、外科教育、再生医療、オルガノイド、遺伝子発現

筑波大学医学専門学群を卒業。筑波メディカルセンター病院での初期研修、消化器外科の後期研修プログラムを修了し、外科専門医を取得。その後は大学院で肝再生・移植免疫の研究に従事。
2019年より現職で橋渡し研究、臨床研究の出口戦略をサポートする業務を行っている。また、大学発のシーズを元とした新規医薬品の開発にも携わっている。

鶴嶋 英夫
鶴嶋 英夫
博士(医学)
筑波大学医学医療系脳神経外科准教授
つくば未来医工融合研究センター長
Keyword : 医工連携研究、産総研、Johns Hopkins U. Medical School, Biomedical Engineering、脳卒中HAL治験PI、Nano-medicine, Connected Medicine

筑波大学附属病院研修医、
慶応大学解剖学教室と理化学研究所で神経再生について研究、
筑波大学関連病院勤務、
米国Johns Hopkins 大学医学部Biomedical Engineering部門と産業技術総合研究所でDrug Delivery Systemについて研究、
筑波大学医学医療系脳神経外科にて脳卒中HAL治験のPI
筑波大学附属病院 病院教授

関野 秀人
関野 秀人
薬学 薬剤師
筑波大学 つくば臨床医学研究開発機構
研究開発マネジメント部長
Keyword : 薬学、行政、薬事、医療機器、医薬品、医療保険、研究開発、出口戦略、シーズ育成、支援、マネジメント

1989年厚生省(現厚生労働省)に入省。主として薬事行政、研究開発振興行政、医療保険行政に従事。その間、薬機法をはじめ健康保険法、医療法などの法律改正事務も経験。特に旧科学技術庁への出向、保険局医療課などを経た後の2009年からの5年間は医療機器審査管理室長(当時)及び医政局経済課医療機器政策室長として、医薬品医療機器総合機構(PMDA)とも協調し、いわゆるデバイスラグ・デバイスギャップの解消、特定保険医療材料価格の算定ルールの見直し、医療機器産業ビジョンの策定、医療の国際展開など医療機器行政全般を主導。前職の医薬・生活衛生局医薬安全対策課長を経て、2020年1月より現職。医療シーズの育成や知財・薬事等の出口戦略の支援を含むマネジメント業務を網羅的に担当。

和氣 泉
和氣 泉
博士(理学)
筑波大学 国際産学連携本部 教授・技術移転マネージャ
(兼)つくば臨床医学研究開発機構
研究開発マネージメント部 副部長
Keyword : 知財戦略、技術移転、事業企画、体外診断、分析機器、再生医療

大手体外診断機器メーカーにて、分析機器・体外診断機器の基礎開発、製品開発、事業企画、グローバル連携に携わった後JST・AMEDにて再生医療分野の研究開発ファンディングに従事。2015年7月より筑波大にてT-CReDOおよび国際産学連携本部を兼務し、医療機器、再生医療に関わる技術移転、橋渡し推進、プロジェクトマネージメントに従事。

辻 光一
辻 光一
理学修士
筑波大学T-CReDO 研究開発マネジメント部/研究開発マネジャー
Keyword : 医療機器・材料、診断薬、再生医療、臨床開発

医療機器・材料の研究開発型企業にて、診断薬、コンビネーション製品、医療機器、
再生医療などの幅広い分野における製品開発から薬事申請に至る製品開発プロセス
全般に従事。2020年4月から現職。
これまでの経験を基に薬事や保険などの規制・制度上の観点も含めた製品化戦略を提案し、有望なシーズを持つ研究者とともに医療での出口を見据えた支援を担う。

SECRETARIAT事務局について

事務局

名称
筑波大学つくば臨床医学研究開発機構(T-CReDO)
所在地
〒305-85766 茨城県つくば市天久保2-1-1
TEL
029-853-3630
FAX
029-853-5669
E-MAIL
TR_info@md.tsukuba.ac.jp

アクセス

アクセスのご案内