Research studio powered by SPARK

事業について

概要

PROGRAM OVERVIEWプログラム概要

「ビジネスってなに?」「研究を実用化するにはどうすればいいの?」って思っていませんか?

米国では、いわゆる研究開発の死の谷を乗り越える手段としてベンチャーが位置付けられ、スタートアップが開発を加速させる手段とされております。日本でも、核となる研究データを得た後は、早期に起業しVenture Capitalから資金導入を行って開発を加速させることになります。現在、創薬の分野では新薬のおよそ70%がアカデミア、バイオベンチャー由来となっています。

筑波大学では医療分野でのイノベーションエコシステムを構築する一環として、この分野で先進的な取り組みをしているStanford大 学SPARKやCalifornia大学San Diego 校 (UCSD) と連携し、研究成果を元に事業を立ち上げるためのアクセラレーションプログラム「Research Studio」を毎年開催しております。
皆さんの研究成果は多少の違いはありますが、患者さんそして社会に役立てることができます。その応用の方法は研究者が個人で考えるには限度がありますが、異なる専門知識を持つプロフェッショナルとの議論、多くのメンターの知識やアドバイスによって、大きくその方向性を変え、飛躍することがあります。

本プログラムは、AMED「橋渡し研究 戦略的推進プログラム」の支援を受けています。

チームを作って起業を目指してみませんか?

概要

THREE FEATURES3つの特徴

FEATURE01

国内外トップリーダーによるメンタリング

臨床開発からビジネスモデルまで、海外事業も含め豊富な経験を有するメンターを多数起用し、グループワークを通じて製品・事業開発の要素を徹底的に議論します。
また、各チームには臨床医がチューターとして伴走し、支援いたします。

FEATURE02

海外最先端プログラムと連携

Global Pitchの機会提供だけでなく、Stanford大学SPARKやCalifornia大学San Diego校 (UCSD)と連携し、海外展開を視野に国際ネットワークの形成も支援しております。

FEATURE03

TPP(target product profile)の策定とビジネスモデルの構築

Boot Camp・グループワーク・メンタリングを通し、アントレプレナーに必要な開発/知財戦略、ビジネスモデル等を学び、ブラッシュアップされたTPPと出口戦略を見据えた実践的計画を構築します。

ORGANIZER主催

筑波大学 つくば臨床医学研究開発機構
連携拠点大学(順不同):慶應義塾大学、大阪大学、京都大学、九州大学、岡山大学

  • 筑波大学
  • 慶応義塾大学
  • 京都大学
  • 大阪大学
  • 岡山大学
  • 九州大学

What is SPARK?SPARKとは

  基礎医学研究の成果を臨床開発に結びつけ、医薬品をはじめとする医療関連製品へと結びつける研究活動を「トランスレーショナルリサーチ(橋渡し研究)」と呼びます。2006年、SPARKプログラムは基礎研究者、大学院生に向けたトランスレーショナルリサーチのトレーニングプログラムとしてスタンフォード大学医学部のDaria Mochly-Rosen教授によって設立されました。その目的は、研究成果をベンチからベッドサイドへと前進させるために必要な教育とメンターシップを提供することにあります。SPARKは医薬品や診断薬の開発に関する専門的な知識をはじめ、トランスレーショナルな取り組みを支援するための様々な支援を提供しています。
  現在、全世界で40以上の研究機関がスタンフォード大学SPARKプログラムの支援を受けて独自のSPARKプログラムを運営しています。2015年にSPARK Global(※)を立ち上げて以来、SPARKパートナーは25のスタートアップを立ち上げ、3,000万ドルの資金調達を受け、10の賞を獲得し、25の臨床試験を開始しています。日本国内でも多くの大学がその理念に共感し、その方法論を取り入れた事業の展開を行っています。筑波大学では2018年からResearch Studio powered by SPARKとして主体的にトレーニングプログラムを実施しており、その受講生は会社設立、資金調達、臨床試験の開始に向けた非臨床試験を加速するなど、一定の成果を上げつつあります。
※SPARK Global(URL: https://sparkglobal.io

SCHEDULEスケジュール

Research Studioは、通年のプログラムとなっております。
4月・5月にはResearch Studioのプログラム説明会を各拠点で開催いたします。
その後、筑波大学と大阪大学でBoot Campを行います。Boot Campでは広く参加者を募り、医療アントレプレナーに必要な起業戦略と、 開発/ビジネス戦略の主軸となるTPP/Value Propositionについて講義とグループワークで学びます。 その後、選抜チームプログラムへの応募を行い、5チームを選抜します。
選抜された各チームは、計10回のメンタリング・グループワーク、および特別レクチャーを通じて、標的製品プロファイルならびに ビジネスモデルをハンズオンにて構築していきます。プログラムの中間および最終には英語でのピッチ会を開催、 メンターは学内外の臨床開発からビジネス展開まで各領域のスペシャリストが担当する実践的講座となっています。 ピッチ会はCalifornia大学SanDiego校やStanford大学をはじめ海外からのメンターを招聘し、海外展開を視野にしたアドバイスを提供します。

スケジュール