次世代医療機器連携拠点整備等事業

開催報告

Medtech Research Studioセミナーシリーズ「第5回 医療器機開発のプロフェッショナルに聞く」(2022/05/13)

更新日 : 2022.05.23

 2022年5月13日(金)、Medtech Research Studioセミナーシリーズの第5回目として、AMI株式会社CEOで医師の小川晋平先生を招聘し、起業から現在に至るまでの研究開発の苦労話や今後の展望についてご講演いただきました。
・小川晋平先生 AMI株式会社CEO/医師
演題名「超聴診器と遠隔医療」

画像

 小川先生は2015年AMI株式会社を創業され、心疾患の診断をアシストする聴診器「超聴診器」を開発し、遠隔医療サービスの社会実装を目指し研究開発を進めておられます。起業のきっかけや現在までの取り組みについてお話いただいた後、質疑応答にて同社の強みやチームビルディングの手法についてご披露いだだきました。起業当初は小川先生お一人で製品開発に取り組んでおられたものの、熱い想いをピッチ発表会等で披露していくことで、周囲のメンバーが徐々に集まってきて現在に至っておるそうです。内部メンバーも、研究開発に必要な学術研究にも意欲的に取り組まれている点も大変感銘を受けました。「心音図学」という既成の枠に囚われず、ヒトには聞くことができない波長から新規所見を見出した話等、大変興味深い内容でした。
 あっという間の1時間で、計98名の方が参加され、大多数が講演終了までの参加となりました。聴講生に「医療機器開発」の面白さ、そして「超聴診器開発」への熱意が伝わる素晴らしいご講演となりました。
すでに「超聴診器」は薬事承認申請されており、今年度中には「超聴診器」の薬事承認が取れる見込みとのことです。今後の動向についても、ぜひ見守らせて頂きたいと思っております。

小川晋平先生、ご講演、誠にありがとうございました!

画像